地域へ、学校へ、サークルへ!読売新聞では、記者講師派遣をしております!

地域へ、学校へ、サークルへ。
一線で活躍する新聞記者を、講師として派遣します。

kisya.jpgkisya1.jpg 

 

 読売新聞大阪本社は、学校や公民館、地域のサークルなどへ、第一線で活躍する記者を講師として派遣しています。激動する社会、教育や医療問題から子育て、福祉、スポーツ、芸能までテーマはさまざま。記者が自分の取材体験に基づき、率直に語りかけます。

 特に小・中学校の「総合的な学習の時間」の授業では、記者の取材活動の現場などがわかりやすく理解できるとして、役立てていただいています。

 

国際情勢から福祉や環境、文化、スポーツまで、 幅広い分野のテーマにおこたえします。

例えば・・・

新聞 新聞記者の仕事/新聞のつくり方(紙面レイアウト・見出しのコツ)/英字新聞の読み方/日本語の正しい表現
医療・家庭・高齢化 最新医療の現場から/安心の設計-いきいきした老後を/男女共同参画について/いのち見つめて・在宅ホスピスを語る
自然・環境・防災 阪神大震災の教訓/どう防ぐ地球温暖化
社会 安全な社会を目指して/事件報道の現場から
政治・経済・国際 今後の政局-どうなる政界再編/関西経済の先行き/海外特派員事情・国際理解
文化・スポーツ 古代のロマン 遺跡発掘現場をたずねて/上方の笑い いま昔/プロ野球 私が見た監督像

講師派遣の申し込み要項 


 現場で見たこと、聞いたこと、感じたことを伝える。記事を書くという日常を離れて、読売新聞の記者が、自分の言葉でわかりやすく語りかけます。専門のジャンルはさまざま。多彩で幅広いテーマの講演依頼におこたえしています。
*1か月以上の余裕を持ってお申込みください。

申し込み手順

(1) テーマを決める(できるだけ具体的に主催者側でお決め下さい)
(2) 必要事項を記入
(3) 読売新聞大阪本社広報宣伝部にFaxもしくは電話
(4) 相談のうえテーマ・ご希望に沿った講師をご紹介します
(5) 主催者側と派遣記者とで詳細を打ち合わせ

Fax専用申し込み用紙はここをクリック!

 

講師派遣の申し込み先 

電話またはFaxで受け付けます。


Tel . 06-6366-1530   Fax . 06-6366-1928
広報宣伝部・講師派遣担当
(受付時間は平日の午前9時30分から午後5時まで)