「本塁打のイメージで」 プロ4選手長浜で指導  【読売新聞】

 今年のプロ野球日本一に輝いたソフトバンクの松田宣浩のぶひろ内野手(草津市出身)ら県出身のプロ野球選手4人が29日、長浜市の長浜ドームで開かれた野球教室で県内の小学生と交流した。

 県体育協会などが主催した「夢をつかめ!滋賀オールスター少年野球教室」で、小学4~6年生約600人が参加。

 今季、18本塁打を放った松田内野手は「ホームランを打つイメージで角度をつけて振る」と、打球を遠くに飛ばすこつを伝授した。パ・リーグで今季、最多奪三振を記録した楽天の則本昂大たかひろ投手(多賀町出身)と、中日の小熊凌祐おぐまりょうすけ投手(大津市出身)はキャッチボールの基本を、巨人の奥村展征のぶゆき内野手(湖南市出身)は捕球の技術などを指導した。

 米原市立息長小5年、山口雅功がく君(11)は憧れの則本投手とキャッチボールをし、「緊張したけど、いつもより上手に投げられた」と喜んでいた。

 会場には約2000人が詰めかけ、トークショーなどを楽しんでいた。

11031999_x